転職面接で評価させるトークケース。

転職面接のモデルケース。
面接官「なぜ転職するのですか。
」応募者「自分の将来についてじっくり考えたとき、このままでは会社と自分のためにならないと不安を感じたためです。
」面接官「もう少し具体的に教えていただけますか。
」応募者「はい。
じつは1年ほど前から今勤めている販売店の業績が落ち始めて、私の販売成績も振るわなくなりました。
取扱い商品が顧客のニーズに合わなくなっているのではないかと考えたりもしました。
そこで、新規商品の取扱いや陳列方法の変更を提案するなど、自分なりの努力をしましたが、提案は会社の方針とは合わず、自分自身の成績もあがらないままでした。
このままでは会社の期待にも応えられないうえ、お客様に自身を持って商品を販売するモチベーションを保てなくなってしまうと感じています。
」このように応募者が受け答えすることが出来れば、会社を悪者にせず、自分にも非があることを認識した表現で面接官も好感が持てます。

Copyright(c) 転職 All Rights Reserved.