転職での応募書類、職務経歴書は正確に

転職の際には、履歴書の他に、職務経歴書という応募書類が必要な場合が多いでしょう。
これは、はじめての就職(多くの場合が大学など学校を出てすぐの就職)の場合とは違い、転職者には、ある程度の職歴があるだろうということを見込んだ応募先が、応募者がどのようなところに勤め、どのような仕事をし実績があるのか、ということを見るための書類です。
簡潔に、しかし、詳しく書き、自分のこと、前職の会社のことを採用担当者によくわかってもらえるよう書くことが必要です。
職務経歴書を書く際には、勤めている時にすら調べたこともなく知らなかったような、会社の基本情報を調べて書く必要があります。
正式名称、従業員数、資本金など、そして、配属されていた部署の正式名称、自身の担当していた仕事の詳細などを、自分の主観やがんばってきたことなどではなく、客観的にわかりやすく職務内容を書きます。
前職から、このたびの転職に活かせるアピールポイントなどは、職務経歴書の最後や履歴書に、簡潔に書くにとどめましょう。

Copyright(c) 転職 All Rights Reserved.